大分県佐伯市の社会福祉法人 翔南会 らいふさぽーと 番匠の里は、障害福祉サービス事業をおこなっております。

qrcode.png
http://banjyonosato.com/
モバイル版はこちら!!
バーコードリーダーで読み取り
モバイルサイトにアクセス!

 
社会福祉法人 翔南会
らいふさぽーと 番匠の里
〒876-0111
大分県佐伯市弥生大字井崎2579番地3
TEL.0972-46-2622
FAX.0972-46-2517
048330
 

施設長のつぶやき

  •  > 
  • 施設長のつぶやき
 
フォーム
 
鎮魂の夜明け
2019-01-17
年が明け、
「あけましておめでとうごさいます」の言葉も
足早に過ぎていきました。
 
1月17日は、阪神・淡路大震災が起こった日です。
あれから24年が経ったなんて、
あらためて、時の流れの早さを
思い知らされます。
 
以前にも書いたと思いますが、
私は、あの日、
インフルエンザにかかっていて
寝床の中で、ゆっくりとした横揺れを感じ
目を覚ましました。
 
東北大震災もそうですが、
圧倒的な自然の力の前には
人はあまりに無力です。
 
次は「南海トラフ」による大地震が
想定されています。
 
先日も夜中に、
日向灘を震源とする地震がありました。
寝ていても、グッと身構えてしまいます。
 
刻一刻と「その時」が近づいている
そんな気がします。
 
頻発する自然災害。
人間は経験と知恵で対応していこうとしますが、
それを上回るのが自然の力なのでしょう。
 
できるところから
構えておくしかありません。
 
今日は、鎮魂の思いを
静かに心に留め置く日です。
 
 
 
 
 
 
 
 
驚きの...
2018-12-28
今朝、職場近くの梅の木に
 
なんと
花が咲いているではありませんか!
 
えぇ~っ!?
って驚いてしまいました。
 
非常に強い寒気団が日本列島を
覆っているというのに!
 
なんか、北の土地にお住いの方々に
申し訳ない!
 
 
という訳で、
 
年内の営業は本日までとなりました。
 
いろんなことが次々と起こり
頭を悩ますことも多かったのですが、
ここに集う皆さんの
ちょっとした笑顔に癒されたり。
 
心に余裕がないと
幸せは感じられませんね。
 
新年は、
「平成」という年号が終わるため、
テレビでも「平成最後の~」という
言い回しが多くなっています。
 
気がつけば、平成は30年を過ぎ、
途中、20世紀と21世紀の変わり目もあり、
ましてや「昭和」は遠くなってしまいました。
 
しかし、最近、歌番組で
昭和の歌が見直されているような気がしませんか?
 
懐かしさもなんですが、
よく聴くと
実は演奏がすごい!
 
今の、せかせかした感じではない
独特の色を感じます。
 
 
なんてことを
ボヤッと思いながら
今年も暮れていきます。
 
どうぞ新しい年が
皆様にとって
今年よりもちょっぴり多く
幸せを感じることができる年に
なりますように☆
 
 
新年は
1月4日(金)から営業再開です。
 
 
 
今年も
2018-12-25
今日はクリスマス
昨日はクリスマス・イヴ
 
今年の我が家は、
ツリーの飾り付けどころか、
クリスマスらしい装いは何一つなく、
昨夜、
スーパーで買った2個入りのケーキを
ひとり一つ食べただけで終了。
 
昼間から、年賀状づくりをしていたので、
ケーキの後は、その続き。
 
 
全然クリスマスらしくない!
 
子供が成人してしまうと、
あんまり、イベントにはならなくなります。
 
 
さて、
 
ボーッとしているうちに
今年もあとわずか。
 
今夜は、
職場用の年賀状づくりが待っています。
 
個人的には、
何十年も会っていない相手に
年に一度だけでも
元気でいることを知らせたくて、
スマホなんぞに頼らずに
手書きのコメントを入れて
全国発送しています。
 
 
感染症が流行り始めています。
どうぞお気をつけて
よい年の瀬、そして新年を
お迎えくださいませ。
 
 
 
だんだんと
2018-12-14
段々と冬が
その色を増しています。
 
すでに、
インフルエンザやノロウィルスの
流行期に入っていると
ニュースでは注意を呼びかけています。
 
まだ周辺では、罹患の情報は入っていませんが、
熱は出ないが咳が続く
へんな風邪が流行っています。
 
 
少し前に本屋に行った時の事。
 
何冊か気になる本や雑誌があって
買おうかどうしようかと迷っていたら
突然、私の脳裏に問いかけが...
 
「もし、自分の命があと1週間だと言われたら
 自分はどうするだろう....」
 
死を目前にして
たぶん、物欲は失せるでしょう。
 
どんなに欲しいものをかき集めても
死ぬ時には持っていけるわけじゃなし。
 
今までお世話になった人全員に
会って御礼を言いたくても
物理的には無理なことだし。
 
結局、
大好きな海を
ボーっと一日中眺めて過ごすくらいしか
きっと出来ないんだろうなって思います。
 
これだけ、
突然の災害が続けば、
そんな間もなく
命が尽きることもある。
 
だからこそ
毎日をしっかりと生きる務めが
人にはあると思うんです。
 
人にやさしく
地球にやさしく
風に吹かれても
折れない芯を持って。
 
 
 
雨と落ち葉
2018-12-04
今日は、へんに暖かい日です。
福岡では夏日を記録したとか。
 
この季節、
施設前の道には、枯葉がたくさん落ちます。
その落ち葉が、雨に濡れると
アスファルトの道路にへばりつきます。
 
これが、なかなかやっかいな状態で、
車にひかれたりすると
ペタッ!って、はり付きます。
 
すると竹ぼうきでシャカシャカ掃いても
なかなか動いてくれるもんじゃあ
ありません。
 
力任せに同じ方向から掃いても
なおさら頑張ってはりついてしまいます。
 
こんな時は、違う方向から掃いてみると
意外にもすんなり動いてくれます。
 
人の心も
そんなものなんでしょうか.... ねぇ
 
 
<<社会福祉法人翔南会 番匠の里>> 〒876-0111 大分県佐伯市弥生大字井崎2579-3 TEL:0972-46-2622 FAX:0972-46-2517