本文へ移動
社会福祉法人 翔南会
らいふさぽーと 番匠の里
〒876-0111
大分県佐伯市弥生大字井崎
2579番地3
TEL.0972-46-2622
FAX.0972-46-2517
0
5
3
1
1
3

ブログ

RSS(別ウィンドウで開きます) 

おかしの販売に行ってきました。

2013-02-28
番匠の里では、おかし作業所(製菓班)で作ったケーキやクッキーなどを、
毎週各所へ訪問し、販売活動を行っています。
今日は佐伯市蒲江にある福祉施設へ行ってきました。
ケーキが多く売れ、利用者さんも喜んでくれました。

散歩に少し。。。

2013-02-27

活動班(生活介護)では、スポレク(スポーツレクリエーション)を行います。
季節にちなんだスポーツ、夏はプールで泳いだり、雨の日は室内でボウリングをしたり、
利用者の皆さんと職員が共に参加し、楽しく過ごしています。
今日は佐伯市木立にある大中尾公園にウォーキングに行ってきました。
梅の花がとてもきれいで、春の訪れをちょっとだけ感じました・・・。
 


第47回佐伯市特別支援教育振興大会

2013-02-07
本日の午後、

「第47回佐伯市特別支援教育振興大会」が開催され、
施設長が参加してきました。


詳しくは、
「施設長のつぶやき」コーナーをご覧くださいませ。


第11回福祉フォーラムinけんなん

2013-02-04
2月3日(日)
「第11回福祉フォーラムinけんなん 佐伯大会」が
佐伯市「和楽」で開催され、参加してきました。

今回のテーマは、
「あなたのとなりに...
 発達障がい者と地域でともに暮らすために」


基調講演は
大分県自閉症協会 会長であり
大分県看護科学大学の先生でもあります
平野 亙(わたる) 氏 でした。

自閉症スペクトム(ASD)の特性を
具体例を織り込みながら、
とても解りやすくお話いただきました。

彼らの特性を理解し、受け入れ、
どのように支援していけばいいのか、

また、地域や社会が
どういう世界になれば
障がいの有る無しにかかわらず
暮らしやすい世界になるのかまで、
ユーモアを交えてのお話を聴くことができました。


その後のシンポジウムでは、

佐伯市教育委員会 学校教育課
指導主事  首藤公宏 氏

大分県発達障がい者支援センター ECOAL(イコール)
支援係長  田中秀征 氏

基調講演をされた 平野 亙 氏 より

それぞれの業務や取り組みについて
わかりやすい情報提供がされました。



議論の時間がとれなかったのは残念ですが、
内容が解りやすく、
自分の知識の曖昧だった部分が、
整理されたようで、
有意義な時間となりました。



ホールでは、
佐伯市内の障がい施設による販売もありました。

番匠の里も出店したんですよ。
(テレビカメラが販売の様子を撮影していました)

早いもので

2013-01-30

この前、新年を迎えたかと思ったら、
1月がもう終わろうとしています。

先日の「お菓子」部門の話の続きになりますが、
今、季節限定の新商品を試作中です。

苺(いちご)のケーキです。

まだ、完成形にはなっていないので、
写真はありませんが、
苺の美味しいこの季節にピッタリの商品ですね。


バレンタインデーも近いということで、
ハート形のチョコブラウニーも発売中です。


男女問わず、
是非お求めいただければ
とーーーーっても嬉しいです!

 

TOPへ戻る